▼消火技術を競う 市操法訓練大会  4月23日 new!

 新見市消防操法訓練大会が23日、同市哲多町花木の農村広場であり、消防団員が消火技術の速さと正確さを競…(全文を読む)

▼架け替えで交通難所解消へ 新見市  4月20日 
▼新見産品で構成のカタログギフト ピオーネ女子岡森さんが企画  4月19日 
▼盲導犬との暮らし聞く 新見市の視覚障害者団体  4月17日 
▼来館者が1万人突破 「まなび」内の中央図書館  4月14日 
▼日本画の流れたどる巡回展 新見市で開幕  4月13日 
▼新見市議選 無投票で18人当選   4月 9日 
▼昨年より7日遅く開花宣言 城山公園  4月 5日 
▼新見南認定こども園開園 市内7園目   4月 5日 
▼新見市のJA育苗施設が稼働 箱苗9万枚生産へ  4月 4日 
▼新見市のJA育苗施設が稼働 箱苗9万枚生産へ  4月 4日 
▼市職員の辞令を交付 新見市  4月 3日 
▼29年度予算スタート 新見市  3月31日 
▼「さくらんぼ保育園」4月開園 新見医師会  3月30日 
▼広域農道が全線開通 完成記念行事と式典  3月29日 
▼岡山県選抜3位 新見市で全中男子ソフト大会  3月27日 
▼岡山県選抜ベスト4入り 全日本中学生男子ソフト  3月26日 
▼今シーズン最後の営業 いぶきの里スキー場  3月26日 
▼岡山ベスト8、徳島に快勝 全中ソフト  3月25日 
▼新見市で全国中学生男子ソフト大会が開幕  3月24日 

▼消火技術を競う 市操法訓練大会

4月23日 17時37分 

 新見市消防操法訓練大会が23日、同市哲多町花木の農村広場であり、消防団員が消火技術の速さと正確さを競った。ポンプ車、小型ポンプの部に9分団21チームの計575人が出て、消火ホースをポンプにつなぎ放水するまでの一連の動きを行った。この結果、神郷分団が両部門で13連覇を達成した。(相見)

一覧へ戻る

▼架け替えで交通難所解消へ 新見市

4月20日 17時13分 

 新見市が建設を進めている、同市井倉の新井倉橋(仮称)は、橋台部分の工事(下部工)が着々と行われている。現在の井倉橋は車両通行が頻繁な上、大型トレーラーなどの通行が困難で度々、改良要望が挙がっていた。下流側に架け替えることで交通難所の解消を図る。完成は平成31年を予定している。(金森)

一覧へ戻る

▼新見産品で構成のカタログギフト ピオーネ女子岡森さんが企画

4月19日 17時8分 

受け取った人が冊子の中から商品を選んで申し込むと、後日届けられるカタログギフト。新見市の産品で構成した「新見市のギフト」が出来上がった。生産者の“顔”も見える内容で、企画した市地域おこし協力隊ピオーネ女子の岡森安璃さん(26・新見)は「“新見と言えば○〇”な商品が詰まっている。慶弔時をはじめさまざまな用途で使ってもらい、多くの人に新見の産物を知ってもらいたい」とPRしている。(金森)

一覧へ戻る

▼盲導犬との暮らし聞く 新見市の視覚障害者団体

4月17日 16時44分 

 視覚障害者、家族、支援者らでつくっている視覚障害者のつどい・さくらの会は17日、新見市高尾の「ほほえみ広場にいみ」でサロンを開き、市内で第1号となる盲導犬と暮らしている会員の話を聞いた。メンバーは自宅内ではある程度行動できるが、「一歩外に出ると自由に動きにくい」という悩みを抱えている。今年2月、島根県の訓練センターで盲導犬との生活訓練を受け、3月に帰ってきた会員は盲導犬との暮らしぶりを紹介。思い付いた時にいつでも自由に外出できることなどを話した。(逸見)

一覧へ戻る

▼来館者が1万人突破 「まなび」内の中央図書館

4月14日 17時39分 

新見市新見の「まなび広場にいみ」内にオープンした中央図書館(愛称=まなびの森新見図書館)は、来館者が1万人を突破した。本を貸りた利用者数、貸出冊数とも昨年4月を上回っている。(桂)

一覧へ戻る

▼日本画の流れたどる巡回展 新見市で開幕

4月13日 18時34分 

 岡山、佐賀、広島、愛媛4県の公立美術館共同巡回展「日本画山脈再生と革新〜逆襲の最前線」(新見市、市教委、実行委員会など主催)が13日、新見市西方の新見美術館で開幕した。戦後から現代まで山脈のように連なる画壇の流れをたどる構成で「再生」「不動の表現」「逆襲」の3章に分け、巨匠から若手まで作家29人の55点を公開している。会期は5月28日まで。出品作家の解説など関連行事も多く、初日は研究者の解説も。問い合わせは同美術館(電話0867・72・7851)へ。(土井)

一覧へ戻る

▼新見市議選 無投票で18人当選 

4月 9日 17時3分 

 任期満了に伴う新見市議会議員選挙が9日に告示され、定数18に対して18人が立候補を届け出て無投票で全員の当選が決まった。市議選の無投票は旧市を含めて市制初。当選者は現職14人、元職1人、新人3人。(編集部)

一覧へ戻る

▼昨年より7日遅く開花宣言 城山公園

4月 5日 17時46分 

新見市は5日、新見の城山公園の桜が開花した―と発表した。昨年より7日遅い開花宣言で、満開を迎える来週が見ごろになりそうだ。毎年、夜桜見物ができるよう新見商工会議所と新見市観光協会が園内にボンボリをともしていて、23日(日)までの午後6時〜11時に点灯している。(小割)

一覧へ戻る

▼新見南認定こども園開園 市内7園目 

4月 5日 17時45分 

新見市が同市正田の旧正田幼稚園跡に建設した新見南認定こども園で5日、開園式と入園式が行われ、園児70人が木の温かさを生かした園舎での新生活をスタート。同園は市内7カ所目の認定こども園として、市南部の新たな子育て支援拠点を担う。(金森)

一覧へ戻る

▼新見市のJA育苗施設が稼働 箱苗9万枚生産へ

4月 4日 18時26分 

 4月下旬から本格化する田植えに備え、JA阿新の育苗施設が4日に稼働を始めた。農家の高齢化を背景にニーズは多く、新見市内の水稲作付面積の3割(約450ヘクタール)をカバーする苗箱9万枚を生産する。種まきから育苗までを一括して行い、生産者に届ける。高齢化によって農家が自家育苗に取り組めなくなってきており、数年前に増産体制を整えた。今年最初の出荷は26日で、ピークは5月10日ごろ。JAは「良質な苗作りに務め、農家の労力軽減につなげたい」と話している。(広瀬)

一覧へ戻る

▼新見市のJA育苗施設が稼働 箱苗9万枚生産へ

4月 4日 18時26分 

 4月下旬から本格化する田植えに備え、JA阿新の育苗施設が4日に稼働を始めた。農家の高齢化を背景にニーズは多く、新見市内の水稲作付面積の3割(約450ヘクタール)をカバーする苗箱9万枚を生産する。種まきから育苗までを一括して行い、生産者に届ける。高齢化によって農家が自家育苗に取り組めなくなってきており、数年前に増産体制を整えた。今年最初の出荷は26日で、ピークは5月10日ごろ。JAは「良質な苗作りに務め、農家の労力軽減につなげたい」と話している。(広瀬)

一覧へ戻る

▼市職員の辞令を交付 新見市

4月 3日 17時44分 

 新見市は3日、同市新見の「まなび広場にいみ」小ホールで市職員の辞令交付式を行った。同日付の異動は延べ255人。課長級以上の職員や新採用の63人に辞令を交付。また副市長の就任式もあった。(金森)

一覧へ戻る

▼29年度予算スタート 新見市

3月31日 17時28分 

 新見市の平成29年度予算がスタートした。一般会計は216億7944万円で、対前年度比8・9%減。平成25年度当初に次ぐ過去2番目に小さい予算だが、41の総合戦略事業を盛り込んでいる。また、協働推進課の創設などにより、地方創生と協働の推進予算としている。11の特別会計当初予算の総額は134億2760万円で1・9%増。(金森)

一覧へ戻る

▼「さくらんぼ保育園」4月開園 新見医師会

3月30日 19時27分 

新見医師会は30日、4月1日(土)に開園する「さくらんぼ保育園」の見学会を開いた。仕事と子育てが両立できる環境を整備するため、旧高西幼稚園舎を改修して利用。 医療・介護現場の職員が働きやすくする。地域枠があり一般の幼児も利用できるほか、施設の一角は高尾小学校の放課後児童クラブに無償貸与する。(金森)

一覧へ戻る

▼広域農道が全線開通 完成記念行事と式典

3月29日 17時27分 

新見市と阿新農協などの幹部職員らで組織する阿新広域営農団地農道整備事業推進協議会(会長=池田市長)は28日、市内で予定していた同事業の全区間が今年度で完了したことを記念し、同農道の起終点となる新見市豊永赤馬の川筋大橋付近で開通行事と式典を行った。(逸見)

一覧へ戻る

▼岡山県選抜3位 新見市で全中男子ソフト大会

3月27日 18時5分 

 第13回都道府県対抗全日本中学生男子ソフトボール大会は27日、新見市の憩いとふれあいの公園で準決勝戦と決勝戦を行った。3連覇が期待された岡山県選抜は準決勝戦で長崎に4対7で敗れ、3位に。勢いに乗る長崎は決勝戦で高知を1対0で破り、初優勝を果たした。(相見・小割)

一覧へ戻る

▼岡山県選抜ベスト4入り 全日本中学生男子ソフト

3月26日 18時38分 

第13回都道府県対抗全日本中学生男子ソフトボール大会は26日に新見市正田の憩いとふれあいの公園で2回戦の残りと準々決勝戦7試合が行われ、岡山県選抜(高木亮彦監督)は準々決勝戦で福井県ソフトボールクラブに3対2で勝ち、ベスト4に入った。27日(月)午前9時から新見ピオーネ球場で鹿児島県選抜と準決勝を戦う。(相見)

一覧へ戻る

▼今シーズン最後の営業 いぶきの里スキー場

3月26日 17時52分 

新見市千屋花見のいぶきの里スキー場は26日、今シーズン最後の営業をした。当初は今月20日までだったが、十分な雪とゲレンデの状態が良かったことから25、26の両日を臨時営業とし、早朝からスノーボードを抱えた若者らが詰め掛け、思い思いのコース取りでゲレンデを滑走した。(小割)

一覧へ戻る

▼岡山ベスト8、徳島に快勝 全中ソフト

3月25日 17時20分 

 第13回都道府県対抗全日本中学生男子ソフトボール大会は25日に憩いとふれあいの公園で1、2回戦8試合があり、岡山県選抜で徳島県選抜に13対1で快勝し、ベスト8入り。明日26日(日)午前11時から同公園多目的広場で福井県ソフトボールクラブとベスト4を懸けて戦う。(相見)

一覧へ戻る

▼新見市で全国中学生男子ソフト大会が開幕

3月24日 18時58分 

 第13回都道府県対抗全日本中学生男子ソフトボール大会が24日、新見市の憩いとふれあいの公園で開幕した。初日はピオーネ球場で開会式があり、“ソフトボールのまち”に過去最多の19チームが集まった。25日(土)から1回戦が始まり、27日(月)まで日本一を懸けて争う。(相見)

一覧へ戻る