▼哲西民俗研究会が「民具展」 11月20日 new!

 哲西民俗研究会は19日、哲西町矢田の旧哲西認定こども園で「昔ばなしとことわざの民具展」を開展し、地域…(全文を読む)

▼新見市北部でも初雪 11月19日 
▼わくわく産業ランドにぎわう 11月19日 
▼歳末展示の入札販売会 あすから 11月17日 
▼高校生考案の米粉デザート 道の駅バイキングメニューに 11月14日 
▼にいみ木のおもちゃの会 森のゆうえんち 11月14日 
▼買い物客に火災予防呼び掛け 11月10日 
▼岡山共生2連覇 秋の県高校ソフトボール 11月 7日 
▼税の大切さを作品に 習字・作文など展示  11月 7日 
▼子牛2頭を飼育体験 思誠小 11月 6日 
▼井倉洞でもみじフェスタ 11月 5日 
▼三室峡紅葉まつりで味覚と景色満喫 11月 5日 
▼秋の叙勲に新見市の2人 11月 2日 
▼ 石垣前市長を新見市初の名誉市民に 10月30日 
▼4年連続ずく押し成功 中世たたら体験学習 10月30日 
▼雨に負けず神郷ふるさと祭 10月29日 
▼市長に県共進会入賞を報告 JA阿新花き部会 10月27日 
▼県知事賞に加藤さんのケヤキ 新見地区木材まつり 10月25日 
▼クアオルト健康ウオーキング始まる  市内2コース認定 10月22日 
▼11月18日(土)に「牧水街道ウオークラリー」 10月20日 

▼哲西民俗研究会が「民具展」

11月20日 18時10分 

 哲西民俗研究会は19日、哲西町矢田の旧哲西認定こども園で「昔ばなしとことわざの民具展」を開展し、地域住民が集めた3000点を一般公開している。会期は今月26日@日@まで。開展時間は午前10時〜午後3時。毎日、午後2時から10分程度、地元の語り部メンバーによる「昔ばなし」がある。入場無料。(小割)

一覧へ戻る

▼新見市北部でも初雪

11月19日 17時38分 

西高東低の冬型の気圧配置が強まった18日未明から19日に掛け、新見市北部でも初雪が降り、千屋花見にあるいぶきの里スキー場のゲレンデは一面銀世界。同スキー場の15年目のシーズン間もなく。(桂)

一覧へ戻る

▼わくわく産業ランドにぎわう

11月19日 17時38分 

市内企業が一堂に集う「わくわく産業ランド2017inにいみ」(新見市、産業フェア実行委員会主催)が18日に新見市新見の「まなび広場にいみ」、市役所南庁舎一帯で開かれた。産業フェアは11年ぶりで、展示PR、グルメゾーンに41社が出展したほか、石灰業や林業などを紹介する体験ゾーンやイベントと多彩な催しでにぎわい、来場者は地元企業の魅力に触れた。(金森)

一覧へ戻る

▼歳末展示の入札販売会 あすから

11月17日 17時8分 

独り暮らしの高齢者らに明るい正月を迎えてもらおう―と、県共同募金会新見市共同募金委員会などは明日18日(土)から、新見市金谷の地域福祉センターで書画など150点を出品した「歳末たすけあい展示入札販売会」を開く。時間は午前9時〜午後4時。明後日19日(日)まで。(桂)

一覧へ戻る

▼高校生考案の米粉デザート 道の駅バイキングメニューに

11月14日 18時19分 

米の消費拡大に―と、新見高校の生物生産科生が考案した米粉を使ったデザートが完成した。産官学が連携した取り組みで、13日には生徒自らが2品を調理。新見市哲西町矢田、道の駅「鯉が窪」レストラン山野彩館のランチバイキングに加え、関係者、一般客が試食し好評だった。今週は15日(水)まで味わえるほか、今後もメニューの組み合わせに応じて提供していくという。(金森)

一覧へ戻る

▼にいみ木のおもちゃの会 森のゆうえんち

11月14日 18時18分 

木のおもちゃに触れ木の良さを知ってもらうイベント「森のゆうえんちinにいみ」が12日に新見市新見の「まなび広場にいみ」小ホールであり、家族連れでにぎわった。世代を超えて木との触れ合いを楽しむ「生涯木育(もくいく)」をテーマに、教育や福祉、林業の関係者でつくる「にいみ木のおもちゃの会」(藤本忠男代表)が市の公募型まちづくり事業の採択を受けて初めて開いた。(相見)

一覧へ戻る

▼買い物客に火災予防呼び掛け

11月10日 18時31分 

 「秋の火災予防運動」初日の9日夕、新見市消防本部は高尾のフレスタ新見店前で街頭活動を行い、市婦人防火クラブ員10人が火の取り扱いには充分注意するよう呼び掛けた。また、住宅用火災警報器は部品の寿命や電池切れの恐れがあるため、設置から10年を目安に交換するよう勧めていた。今年の市内出火件数は11件(前年同期10件)で、7月以降、起きてない。(相見)

一覧へ戻る

▼岡山共生2連覇 秋の県高校ソフトボール

11月 7日 17時48分 

来春の全国選抜大会と今秋の中国新人大会の県予選を兼ねた秋の県高校ソフトボール大会の決勝戦が7日、岡山市の百間川緑地公園ソフトボール場で行われ、岡山共生(松本剛知監督)が東岡山工に4対1で勝ち、2連覇を飾った。(相見)

一覧へ戻る

▼税の大切さを作品に 習字・作文など展示 

11月 7日 17時43分 

新見市内小中学生の租税作品展示会が現在、高尾昭和町のにいみプラザで開かれている。税を考える週間(11月11日〜17日)の関連行事。会期は11月12日。翌13日から20日までは正田のサンパーク新見で展示する。(広瀬)

一覧へ戻る

▼子牛2頭を飼育体験 思誠小

11月 6日 19時14分 

 新見市千屋牛教育ファーム事業に取り組む思誠小学校で6日、子牛をお出迎えする会が行われた。生後4カ月の雌2頭で「ピーチ」「もみじ」と名付けた。児童代表が歓迎のあいさつのあと、2頭を簡易牛舎に入れ、餌と水を与えた。児童は10日(金)まで世話を続ける。(金森)

一覧へ戻る

▼井倉洞でもみじフェスタ

11月 5日 17時35分 

新見市井倉の井倉洞一帯で4日、「新見もみじフェスタ」が開かれた。色付いた井倉峡を眺めながら県内話題店の料理が味わえる「もみじマルシェ」、消防車や高所作業車を集めた「働く車大集合」など幅広い年代が楽しめる工夫を凝らし、市内外からの来場者でにぎわった。(広瀬)

一覧へ戻る

▼三室峡紅葉まつりで味覚と景色満喫

11月 5日 17時33分 

11回目を迎えた「三室峡紅葉(こうよう)まつり」が4日に新見市神郷油野の三室峡で開かれ、多くの見物客が訪れて同所ならではの味覚と景色を満喫した。(土井)

一覧へ戻る

▼秋の叙勲に新見市の2人

11月 2日 18時47分 

 公共的な業務に長年にわたり従事して功労を積み重ね、顕著な成績を挙げた人に授与される叙勲の発表があり、新見市からは元県選挙管理委員長の岡本研吾さん(74・新見)が旭日双光章に、元市消防団分団長の土谷勤さん(68・土橋)が瑞宝単光章に叙せられた。(編集部)

一覧へ戻る

▼ 石垣前市長を新見市初の名誉市民に

10月30日 18時44分 

新見市は30日、昨秋急逝した前市長の石垣正夫氏(享年75・上市)を新市初の名誉市民とする顕彰式を催し、遺族に名誉市民証と名誉市民章を贈った。池田市長は「石垣前市長は誰よりも新見市を愛し、新見市のために常に情熱を持って市政に取り組んでいた」と功績をたたえた。(金森)

一覧へ戻る

▼4年連続ずく押し成功 中世たたら体験学習

10月30日 18時43分 

中世の備中国新見庄で盛んだった製鉄法の体験学習が28日から29日までの一昼夜、新見市正田のたたら操業施設で行われた。学生や社会人が力を合わせて操業し、4年連続で砂鉄から和鉄を取り出す製錬法のずく押しに成功した。(土井)

一覧へ戻る

▼雨に負けず神郷ふるさと祭

10月29日 19時8分 

 第31回神郷ふるさと祭が29日、神郷下神代の夢すき公園で開かれた。台風22号の影響であいにくの雨になったが、「し(4)んご(5)う」にちなんだ45b分の巻きずしの振る舞いや45升の餅まきなどがあり、雨傘を手にした大勢の来場者でにぎわった。(広瀬)

一覧へ戻る

▼市長に県共進会入賞を報告 JA阿新花き部会

10月27日 18時28分 

JA阿新花き部会(奧山亮部会長)は26日、新見市役所を訪ね、池田市長に新見産リンドウが県花き共進会で最高位に輝いたことを報告した。池田市長は生産者の努力を労い、「品質西日本一のお墨付き」と喜んだ。(広瀬)

一覧へ戻る

▼県知事賞に加藤さんのケヤキ 新見地区木材まつり

10月25日 9時1分 

新見地区木材組合(戸川睦徳組合長)は23日、下熊谷の県森連新見木材共販所で第41回新見地区木材まつり展示会を開いた。市内外の林家らから過去最多303点の出品があり、優良材10点を選んで表彰。最高位の県知事賞は加藤俊一さん(高梁市)のケヤキが選ばれた。合わせて行われた競り市では、出品材を含む約3200立方bを競り落とす威勢の良い掛け声で活気にあふれた。(広瀬)

一覧へ戻る

▼クアオルト健康ウオーキング始まる  市内2コース認定

10月22日 17時38分 

 新見市が今年度から取り組む「クアオルト健康ウオーキング」のオープニングイベントが22日に市民体育館であり、市内2コースが「クアの道(健康の道)」の認定を受けた。雨にもかかわらず、市民らが専門ガイドの案内で「新見富士コース」を歩き、健康への意識を高めた。(金森)

一覧へ戻る

▼11月18日(土)に「牧水街道ウオークラリー」

10月20日 18時37分 

 若山牧水の顕彰活動に取り組んでいる新見市哲西牧水顕彰会は11月18日(土)、西方ふれあいセンターから旧街道・苦坂峠を越えてJR備中神代駅までの6`を歩く「牧水街道ウオークラリー」を行う。現在、参加者を募集している。当日は午前9時に西方ふれあいセンターに集合し、開会行事のあと出発する。駅からはバスで同センターに帰る。参加費は1000円(傷害保険、米粉パン、お茶代含む)。申し込みは11月10日(金)までに同会事務局(電話0867・94・31771)へ。(小割)

一覧へ戻る