▼新見青年会議所50周年記念式典  5月21日 new!

 新見JC・新見青年会議所は20日、「まなび広場にいみ」小ホールで創立50周年記念式典を行い、歴代理事長…(全文を読む)

▼新会長に上田氏選任 阿哲商工会総会  5月18日 
▼「にーみんTシャツ」コンテスト7作品が入賞  5月16日 
▼法曽で一番茶の収穫  5月15日 
▼新見公立大内で看護・介護フェア 人材確保に向けてアピール  5月14日 
▼にぎやかに新見市の公立大・短大で鳴滝祭  5月13日 
▼「病院の日・看護の日」に訪問 岡山共生高  5月11日 
▼ポイント貯めて商品券と交換  5月10日 
▼大佐でクマの目撃情報 住民に注意呼び掛け  5月 9日 
▼ロケットが飛ぶ仕組みは? 新見市立高尾小でJAXA授業  5月 8日 
▼井倉洞でミニSL運行  5月 4日 
▼昔ながらの田植え再現 鯉が窪湿原まつり  5月 3日 
▼IJUターン就職で20万円交付 新見市  5月 1日 
▼春の叙勲に新見市の4人  4月29日 
▼新見明治町で火災 3棟焼く  4月27日 
▼知識、経験を発揮し活躍を  4月26日 
▼新社会人57人の門出祝う 市内就職者激励会  4月25日 
▼神郷油野の三国窯で窯出し  4月25日 
▼市議が通学路を視察  4月24日 
▼新見市の備北民報社 恒例の読者旅行  4月23日 

▼新見青年会議所50周年記念式典

5月21日 18時14分 

 新見JC・新見青年会議所は20日、「まなび広場にいみ」小ホールで創立50周年記念式典を行い、歴代理事長らに感謝状を贈った。同JCは9月2日(日)、R―1グランプリ2018で優勝した漫談家・濱田祐太郎を招く記念事業を計画している。(桂)

一覧へ戻る

▼新会長に上田氏選任 阿哲商工会総会

5月18日 16時54分 

阿哲商工会(小坂延也会長・平成29年度会員=344人)は18日、新見市神郷下神代の「やまびこ広場神郷」しゃくなげホールで今年度総会を開き、新会長に上田久志氏(60・上田建設)を選んだ。(桂)

一覧へ戻る

▼「にーみんTシャツ」コンテスト7作品が入賞

5月16日 18時57分 

 市のマスコットキャラクター「にーみん」をあしらったTシャツで新見をアピールしよう─と、高尾の丸宮が企画した「にーみんTシャツ」デザインコンテストの入賞作品が決まった。応募のあった74点の中から人気投票や審査で入賞した7作品を、高尾のにいみプラザ店1階のエスカレーター横に展示している。(小割)

一覧へ戻る

▼法曽で一番茶の収穫

5月15日 17時35分 

 新見市の茶所、市南部の法曽地域で14日から一番茶の収穫が始まった。好天が続けば5月20日(日)ごろまで続き、5d(昨年4d)の収量を見込んでいる。法曽茶業組合(7戸)が水はけの良い土壌を生かして3fで栽培。専用の機械で新芽を刈り取った。新見市内では6月上旬からJA阿新の直売所などに並ぶ予定。(土井)

一覧へ戻る

▼新見公立大内で看護・介護フェア 人材確保に向けてアピール

5月14日 17時25分 

看護・介護フェアin新見(看護就職フェアin新見実行委員会主催)が13日に新見公立大学で行われ、看護職や介護職を目指す学生らの相談に応じたり、体験コーナーで職の一端を触れてもらったりした。また、公立大出身の先輩看護師と話ができる機会も設け、人材確保に向けてアピールした。(金森)

一覧へ戻る

▼にぎやかに新見市の公立大・短大で鳴滝祭

5月13日 18時19分 

 新見市西方の新見公立大学・短期大学で12、13の両日に学園祭・第20回鳴滝祭が開かれ、学生が多彩でにぎやかなステージを繰り広げた。実行委員会が「虹 You Can Shine」をテーマに準備。女装コンテストでは、男子学生がセーラー服や浴衣姿などで登場すると客席から「可愛い!」と声援が飛び交った。(桂)

一覧へ戻る

▼「病院の日・看護の日」に訪問 岡山共生高

5月11日 17時49分 

「病院の日・看護の日」を前に、岡山共生高校(後藤浩校長)の生徒が11日、新見市内の病院や福祉施設を訪問。患者や利用者の一日も早い回復を願って手作りのクッションをプレゼントし、医療・介護に従事する人々へ敬意と感謝の気持ちを伝えた。(金森)

一覧へ戻る

▼ポイント貯めて商品券と交換

5月10日 18時49分 

 新見市は市民の健康づくりを応援する「にいみ健康チャレンジポイント」事業の参加者を募集している。事業は健診を受けたり、運動に取り組んだりして貯めたポイントを商品券「たまがき券」「まんさく券」と交換できるもの。対象は20歳以上の新見市民で1人、2人組、5人組のいずれかで参加できる。申し込みは市役所、各支局、市民センターに置いてある専用用紙に必要事項を記入し、南庁舎内の健康づくり課に提出すればよい。締め切りは5月28日(月)必着。詳しくは市ホームページか健康づくり課(電話72・6129)へ。(小割)

一覧へ戻る

▼大佐でクマの目撃情報 住民に注意呼び掛け

5月 9日 18時16分 

7日午前6時20分ごろ、大佐上刑部地内の県道でクマ1頭の目撃情報があった。人や農作物への被害は確認されていないが、新見市や県が注意を呼び掛けている。市や県によると足跡の特徴や男性の目撃証言からツキノワグマ(体長約1b、年齢2歳)と見られる。クマの目撃情報は今年に入り、4月の千屋に続いて2件目。(小割・相見)

一覧へ戻る

▼ロケットが飛ぶ仕組みは? 新見市立高尾小でJAXA授業

5月 8日 18時12分 

 岡山県生涯学習センターとJAXA(ジャクサ・宇宙航空研究開発機構)が連携した学校教育支援事業が8日に新見市立高尾小学校であり、6年生11人が宇宙科学技術を学んだ。講師はJAXA宇宙教育センター(神奈川県相模原市)スタッフ。空気のない宇宙でもロケットが飛び続けられる仕組みを学ぶ授業を通して児童は「ロケットの仕組みがよく分かった」などと感想を話した。授業は6月21日(木)にもある。(桂)

一覧へ戻る

▼井倉洞でミニSL運行

5月 4日 18時20分 

 新見の鍾乳洞として親しまれている井倉洞は、大型連休に合わせて4日にミニSL(蒸気機関車)を運行。子供たちの人気を集めた。運行は「こどもの日」の5日(土)もあり、時間は午前10時〜正午と午後1時〜3時で乗車無料。なお、5日は井倉洞(電話75・2224)と満奇洞(管理事務所=同74・3100)で小学生以下の入洞料が無料になる。(逸見)

一覧へ戻る

▼昔ながらの田植え再現 鯉が窪湿原まつり

5月 3日 17時32分 

大型連休中の3日、第29回鯉が窪湿原まつりが新見市哲西町矢田の「きらめき広場・哲西」一帯であり、昔ながらの田植えが披露された。会場では、和太鼓演奏、牛の碁盤乗り、備中神楽、特産品バザーもあって7500人の来場者が“哲西”を満喫した。(小割)

一覧へ戻る

▼IJUターン就職で20万円交付 新見市

5月 1日 18時2分 

新見市で就職すれば、20万円を交付します!―。同市は今年度、IJUターン就職奨励金を創設した。5月から申請を受け付けている。奨励金の額は1世帯あたり20万円で、同一世帯に対象者が複数いる場合は2人目以降10万円を加算する。詳しくは商工観光課(電話0867・72・6137)へ。(金森)

一覧へ戻る

▼春の叙勲に新見市の4人

4月29日 18時8分 

 教育、行政、消防団活動などの各分野で長年尽力した人に贈られる春の叙勲。今年は新見市から元小学校長、元新見本町郵便局長、元新見市消防団副団長、元国勢調査員の4人が受章する。このうち、3人に在職時の思い出や心境などを聞いた。(編集部)

一覧へ戻る

▼新見明治町で火災 3棟焼く

4月27日 17時29分 

26日午後7時37分ごろ、新見市新見明治町で民家火災があり、会社員男性(46)の木造瓦ぶき2階建てを全焼。男性宅の南と東隣にある木造瓦ぶき2階建て2棟の一部をそれぞれ焼いた。けが人はなかった。警察と消防で出火原因について調べている。(編集部)

一覧へ戻る

▼知識、経験を発揮し活躍を

4月26日 17時55分 

 新見商工会議所は26日、新見商工会館で優良役員・従業員表彰式を催した。受賞者、来賓、事業主、同会議所役員・議員ら110人が出席。同会議所の林田昌吾会頭が、長年職務に精励した88人の功績をたたえ、「豊富な知識と貴重な経験を発揮し、職場、地域で活躍してほしい」と一層の期待を寄せた。(広瀬)

一覧へ戻る

▼新社会人57人の門出祝う 市内就職者激励会

4月25日 16時13分 

新見商工会議所(林田昌吾会頭)は25日、新見市高尾の新見商工会館で新卒市内就職者激励会を催し、22事業所などに就職した57人(男32人、女25人)の門出を祝福。先輩社会人らが「変化に対応する行動力を身に着け、職場に生かしてほしい」などと励ました。(広瀬)

一覧へ戻る

▼神郷油野の三国窯で窯出し

4月25日 16時13分 

新見市神郷油野三室の備前焼作家、大原砂利さん(63)の工房「三国窯」で24日に窯出しが始まった。作品は今週末の28日(土)から販売する。(小割)

一覧へ戻る

▼市議が通学路を視察

4月24日 15時2分 

新見高校南校地の校門付近や通学路の街頭が少ない―。そんな高校生の指摘を受け、市議会文教福祉常任委員会(坂東義生委員長・9人)が23日夜、現地視察をした。(桂)

一覧へ戻る

▼新見市の備北民報社 恒例の読者旅行

4月23日 19時14分 

 新見市高尾の備北民報社が主催する恒例の読者旅行は21日、広島県と愛媛県の観光名所を巡った。日本三大急潮の一つとして有名な来島海峡では急流観潮船に乗り、世羅町の世羅ゆり園で日本最大級の花絵アートを見物。好天に恵まれて行く先々で名物も買い、全員無事に帰着した。旅行は読者サービスの一環で長年続けており、来年も話題のスポットなどを織り交ぜながら新しい日帰りコースを企画して参加者を募集する。(土井)

一覧へ戻る